バックアップ元の場所を書き残す【自分用メモ】

ツール

パソコンを買い換えたりデータを移したりすることって、頻繁ではないですがそれなりにあります。

その度にバックアップをするのですが、毎回バタバタしている状況です。

とくにデータのバックアップ元はパソコンによって変わる場合があるので、なにかあったときのために覚え書きとしてブログに残しておきます。

※ちなみに今回のメモはWindows7から10への移行時に使用したものです。

スポンサーリンク

バックアップ元のメモ

バックアップソフトは「BunBackup」を使っています。

そんなに難しい手順はないので、慣れていない人でも使えるオススメの無料ツールです。

「BunBackup」定番の高速バックアップソフト – 窓の杜

Thunderbird

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles

「●●●.default」フォルダをコピー。復元するには、バックアップ先にある「●●●.default」フォルダを削除してコピーしていたフォルダを移動するだけ。

Sylpheed

Thunderbirdはメインのメールソフトですが、サブとしてSylpheedも使っています。

というのも、ずっと前に取得した大量のフリーメールを、いつかまた使うかもしれないと思って維持しているので、メールソフトが一つだと足りないんです。

最近はフリーメールの取得もいろいろと面倒になってきているので、持っていれば何かの役に立つかなと思って捨てられません。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sylpheed

このフォルダをすべてコピー。そしてバックアップ先のフォルダを削除してコピーしたフォルダを移動すれば復元できます。

Sylpheedは隠しフォルダにある場合があります。見つからないときは隠しフォルダを表示させましょう。

Google Chrome

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data

こちらにある「Default」フォルダをコピーして、バックアップ先に移動すれば復元できます。

ただし、この方法だとブックマークはバックアップできますが、保存しているパスワードや拡張機能は引き継げませんでした。

パスワードはそこまで移行したいというのはないのですが(パスワード管理ソフトで入力すればいいだけだし)、拡張機能はできれば移行したかった。

ただ拡張機能の移行はけっこうややこしいらしくて断念。

まぁ、そこまで拡張機能を使いこなしているわけではないので新しくインストールすればいいかと思ったのですが、「Speed Dial 2」という拡張機能のデータは引き継ぎたい!

ということで、その場合は「Speed Dial 2」のオプション→「インポートとエクスポート」→「設定のエクスポート」をクリックしてコードを表示させます。

このコードを保存してバックアップ先でも「インポートとエクスポート」へ進み、「設定のインポート」にコードを入力すればデータが引き継げます。

Evernote

C:\Users\ユーザー名\Evernote\Databases

Evernoteはデバイスが変わってもログインすればデータは見れますが、念のためにバックアップしています。

そのほかのバックアップ

これらのツール以外だと、必要データを全部入れているドキュメント全体をバックアップします。

ほかにはオンラインストレージやワードプレスなど、バックアップするものはいろいろあります。

オンラインストレージ

オンラインストレージはBoxとDropboxを使っています。

Boxはスマホと同期させる用に使っていますが、けっこう便利です。

Download Box Drive for Mac or Windows

Dropbox

一応、この2つも定期的にバックアップしたほうがいいのかなと思って実行しています。

ワードプレス

Dropboxにはワードプレスのバックアップファイルを入れています。

行っているバックアップ方法は、こちらのブログを参考にしました。

BackWPupの使い方!Dropboxにバックアップする方法も紹介。 | あごうさブログ

サーバー側でも自動バックアップ機能は備わっていますが、期間があったり確実性を保証したりするものではありません。

なので、ワードプレスのバックアップは自分でも実行したほうがいいと思います。

ちなみに私はエックスサーバーを使用しています。

サーバー上のデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピーし、サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持する「自動バックアップ」機能にも全プラン標準で対応しています。

引用元:自動バックアップ機能 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

システムイメージ

それから、Windows7でやっていた「システムイメージ」のバックアップもやっておきます。

Windows10になって「システムイメージ」のバックアップが見当たらなかったので、全体のバックアップはできないのかと思いました。

しかし、調べるとWindows10でも7のような方法でバックアップできることを発見します。

「設定」→「更新とセキュリティ」→「バックアップ」→「バックアップと復元(Windows 7)」から「システムイメージの作成」でバックアップができました。

このシステムイメージがなんなのか正直よくわかりませんが、なにかあればきっと役に立つはず。

おわりに

自分用メモということで、私が実行しているバックアップいろいろを書き残してみました。

また気がついたら追加していくかもしれませんが、今のところはこんなものかな。

手間はかかりますが、データは一瞬で消えちゃいますから定期的にバックアップしましょう。

ツール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
maru8
タイトルとURLをコピーしました